皆さん、大変ご無沙汰しております。

MAY 01, 2017

何と1年以上もの長い間、このオフィシャルWebsiteの更新が出来ませんでした。Facebookやアメブロ、今年になってからTwitterやInstagramなどのSNSをスタートして、そちらで豆に更新していることが主な理由です。「ごめんなさい。」
しかしオフィシャルWebsiteのBlogも久しぶりに更新したいと思います。
定期的な更新は、以下のSNSでお願いします。

Shusui Official Twitter
https://twitter.com/Shusuikosugi
※是非ともフォローしてくださいね。

Shusui Instagram
http://instarix.com/shusui.k/media/1455764405240345757
※飲食中心です(笑)。

Shusui Facebook
https://www.facebook.com/kosugi.shusui?ref=tn_tnmn
※プライベートネタ中心です。

まずは、昨年1年間をザッと振り返りたいと思います。
何と言っても5月からスタートした育音触れ合いライブのボランティア活動です。一昨年出版した絵本CD[アフリカゾウのなみだ]を善意銀行さんに寄付させて頂いたことからご縁を頂き、都内の障害者施設を中心に絵本の紙芝居とミニライブを届けに精力的に触れ合いライブを行いました。これまで1年間で約20回の触れ合いライブを行っています。
詳しくは。こちらのまとめ映像をご覧ください。



Shusui 育音(Iku-ON) 触れ合いライブ 2016 1学期総集編



Shusui 育音(Iku-ON) 触れ合いライブ 2016 2学期総集編




自らの目の障害のことを真剣に語り、自分の生い立ちや大好きな音楽や育児についてもたっぷり語りました。それは自分自身の人生を振り返ると言う、あまり僕が普段からしていないことで、初心に戻ることにも繋がりました。
どこでもいつでも最高に可愛い子供達の笑顔に囲まれて、時に真面目に時に面白おかしく、子供達と大人達に向けて、僕なりの言葉と音楽でメッセージを発信し続けています。
知っているようで、知らなかった障害者施設の現状、親御さん達や教育現場のプロの方々の考え方や接し方を間近で勉強して、本当に貴重な体験となっています。ようやく育音の本当の意味を見つけられたような気がしています。
そんな中でも筑波大学付属特別視覚支援学校の皆さんとの出逢いは、僕の運命を変えました。盲学校出身でもない僕を温かく迎えて下さり、最初は、一、二年生の音楽の授業から参加させて頂きました。
そして、幼稚部や6年生のみんなとも出逢いました。6年生の生徒さんの中に一人の積極的な元気な女の子がいて、何故か英語で話しかけてきてくれたり、リクエストをくれたり、不思議な第一印象の子でした。 育音活動1学期の忙しい中、7月に始めて参加した友人で盲目の天才シンガーソングライター木下航志くんの「BLIND WORLD LIVE」@根津教会では、教会中を真っ暗闇にして、お客様にアイマスクをしてもらい、完全にアコースティックで演奏すると言う個性的な素晴らしいイベントにも出逢いました。
そこにも育音触れ合いライブで出逢ったみんなが遊びに来てくれて、筑波盲学校のあの6年生の女の子も最前列で楽しそうに手拍子しながら歌っていました。リハーサルの時に僕らが遊びでセッションしていたジョンレノンのイマジンを聞いていたその女の子が「あの〜イマジン、やるんですか!?」と言ったので、出演者全員でアンコールにノリでイマジンを演奏しました(笑)。 10月の運動会の頃になると何故か雨が続いて、我が家の娘達の運動会も延期が続いていました。始めての三振の発表会やら東京音大のオープンスクールなど、10月の忙しい連休中にふっと育音活動にずっと力を貸してくれている弊社スタッフから連絡があり、例の筑波の女の子が東京国際フォーラムで行われるゴールドコンサートと言う音楽コンテストに出演することを知り、慌てて当日券で思い出の国際フォーラムホールCへと20年ぶりに走りました。 彼女の名前は、「わたなべちひろ」ちゃん12歳、そうあの筑波の6年生の元気な女の子です。僕は、知り合って間もない彼女の親戚や親でもないのに国際フォーラムの会場の最前列の客席で、ドキドキしながら彼女の出番を待っていました。
司会の方から「それでは最年少の参加者のわたなべちひろちゃんです。」と紹介を受けて、ピアノに座り、何とあの時(BLIND WORLD LIVE)で僕らにリクエストしたジョンレノンの「イマジン」を弾き語り始めました。彼女の力強い歌声とピアノの弾き語りに感動して、自然と涙が溢れて来ました。その感動は、見事に形となり、観客特別賞を受賞しました。
半年経った今でもあの時の興奮と感動は忘れません。

その後、我が家の長女と同い年の「わたなべちひろ」ちゃんを僕がプロデュース&マネジメントしています。
2016年10月の出逢いから一気にプロジェクトが進み、11月の代々木第一体育館にて行われました日本財団パラサポ主催の[パラフェス2016]に大先輩で彼女にとっても憧れの木下航志くんと二人で大勢の観客の前で堂々と「イマジン」を共演!
2015年9月からスタートした僕の念願のラジオレギュラー番組bayfm[あしたの音楽]の11月23日(勤労感謝の日)3時間特別生放送番組へのゲスト出演、12月3日に行われた毎年恒例のShusui Presents Christmas Concert 2016~育音触れ合いクリスマスコンサート~にも参加。12月10日の僕も2回目の参加となった木下航志くんとの「Iku-ON Presents BLIND WORLD CHRISTMAS LIVE」にも参加。今度は、お客様ではなく立派なゲストアーティストとしてのパフォーマンスでした。
クリスマス当日の12/25には、斉藤由貴さんがパーソナリティーを務められた毎年恒例のニッポン放送ラジオチャリティーミュージックソンにもゲスト出演して、ジョンレノンとオノヨーコさんが命名したと言う伝説のニッポン放送の「イマジンスタジオ」にて「イマジン」を弾き語るとその場にいた斉藤由貴さんを筆頭にスタッフ全員が涙を流すと言う感動のシーンを演出。グランドフィナーレでは、筑波の可愛い子供達と一緒に僕のピアノ伴奏で、クリスマスソングを2曲みなさんにプレゼントしました。
まさか5月からスタートした育音触れ合いライブが、たった半年でこのような展開を迎えるなんて、夢にも思わなかった。人と人との出逢いやご縁は不思議で、でも運命的で繋がっていくものなんですね。
今年になってからもちひろちゃんは、駒沢競技場での「パラ駅伝」オープニングアクト、ブラインドサッカー日本代表vsブラジル代表との親善試合のオープニングアクトを務め、4月の今年初のBLIND WORLD LIVEにも参加。
斉藤由貴さんと大作詞家先生の松本隆さんがご出演されたNHK Eテレ[ミュージックポートレイト]にて斉藤由貴さんから熱くご紹介して頂くなど、すごい勢いで活動中です。今後の予定は、ゴールデンウイーク最後の5/7に行われます埼玉県「飯能グリーンカーニバル」に僕と一緒に出演します。6月には初の地方イベントとなります仙台でのイベント出演予定、6/24に予定されています根津教会のIku-ON Presents BLIND WORLD LIVEにも出演予定です。そこで、初のオリジナル曲も演奏予定です。
今年、13歳になり中学生になった「わたなべちひろ」ちゃんの無限の可能性と明るい未来をみんなにも応援してもらえると嬉しいです!



わたなべちひろ イマジン cover

わたなべちひろ YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCdaZGZnt4TX_7OpPBR4WLJg

この大切な活動を通じて、たくさんの方々に出逢い、たくさんの大切なことを学び、何より生きる力を得ました。
障害があっても、そうじゃなくてもみんな「一生懸命、生きている」「意味があってこの世に誕生している」ということを改めて実感することができました。
さぁ、昨年も全力で走り続けていた僕ですが、実は近年目の調子が悪くて、年々視力の低下に悩んでいました。10代や20代の頃には、見えていたものや一人でできていたことができなくなり、自然と外を歩くことや新しい場所に行くことさえも怖くなり、特に夜などは誰かの解除無しには、外出すらできない日々でした。
毎朝恒例の娘の幼稚園の朝の送りも日差しの強い日には、帽子に最強に濃いサングラス、日傘のスタイルでも目の前が真っ白で見えなくて、道端の花壇に突っ込んだり、車に引かれそうになったり、常に身の危険を感じながらの生活になっていました。
ドアやガードレールに激突したり、階段を踏み外したり、エレベーターのボタンやテーブルに置かれた
食べ物や飲み物ですら見えないなど、私生活にも不自由が増えてきていたので、眼科検診をした所、近年悪化していた白内障が原因だと言うことが判明。すぐにでも手術をと思っていましたが、僕の元々の網膜の病気にも影響がある可能性からすぐには手術できない状況でした。
そんな中、32年前(僕が8歳の時)に始めて、両親に連れて行ってもらったロスのUCLA MEDICAL CENTERの検診を受けるために2016年夏に再びロスに行きました。
検査は、半日の簡単なものでしたが、アメリカで白内障の手術をすると術後しばらくはアメリカに滞在していないといけないと言われ、家族も仕事もある僕には、決断できずに日本へ戻ってきました。
その後も大阪の病院を受診したり、遠回りを繰り返しましたが、ようやく東京の恩師の先生によって右目の白内障の手術をすることになりました。 それが確か10月31日のハロウィンの日に人生初の入院でした。
一人病室で心細い中、家族や友人達がたくさん励ましてくれて、無事に右目の手術が成功。1週間後に今度は、左目の手術のために再入院。何故だか一回目より恐怖感があり、痛みもありました。何より役1ヶ月間、シャンプーと顔を洗えなかったのが、キツかった。2〜3日に一度近所の美容室で贅沢にシャンプーしてもらって、幸せだったけどね(笑)。
無事に両目の手術が終わるとあの頃に見えていた自分に生まれ変わったような感覚になり、40歳になって新たなチャンスをもらい、再びスタートラインに立ったような気分でした。
人生初の入院&手術は、僕にとって2016年最大の出来事でしたね。見えなくなる恐怖と不安、弱気になる自分の心との戦い、これを経験したからこそ育音触れ合いライブでも勇気と希望をもらい、乗り切れたんだと思います。

「僕は一人じゃない、みんながいてくれる。大好きな家族と音楽がある。」そんな幸せを感じながら2017年の年明けを迎えました。

1997年に長崎県佐世保出身のボーカリスト「谷中たかし」と御茶ノ水の楽器屋さんのメンバー募集のチラシをきっかけに出逢ってから今年で早20年目になりました。つまり今年で、canna結成20周年のメモリアルイヤーです!!
相棒の谷ちゃんと出逢って、最初は週一ペースで僕の実家でお泊りライティングキャンプでした(笑)。二人で作詞/作曲、宅録を繰り返す中で、その後cannaのメジャーデビューシングルとなった「紙ひこうき」や4thシングルでドラマTEAMの主題歌となり、僕らの代表曲になった「風の向くまま」などの楽曲が生まれました。もちろん「あぜ道」も‥。この「あぜ道」で、某音楽学校主催のオーディションに進み、ファイナルステージで、国際フォーラムホールCの舞台で初めてcannaとして、人前で演奏を披露しました。
そう、あの「わたなべちひろ」ちゃんが参加したゴールドコンサートの舞台と全く同じ、運命的な場所です。
そして、20年‥、今まで二人でたくさんの楽曲を生み出し、一緒に夢を叶えて、時にケンカして、ずっと二人で苦楽を共にしてきました。そんなcannaの結成20周年を記念して、5/28(日)canna 成人式〜結成20周年記念ワンマンライブ〜と題して、結成10周年の時にもお世話になった恵比寿天窓SWITCHにてフルバンドでワンマンライブを行います。二十歳になった少し大人のcannaワールドを堪能しに来てくださいね。
また7/28(金)には、cannaの第二の故郷「福岡」のGate’s 7にて1999年当時にCross FMのレギュラーラジオ時代からcannaの大ファンだったと言う当時高校生で今では、夢を叶えてプロのシンガーソングライターとなった冨永裕輔くんと一緒に2マンライブを行います。あの当時、僕らcannaを見て育った彼と一緒にステージに上がれるなんて、本当に嬉しいですね!!そして、なんとチケットも既にソールドアウトです!!ありがとうございます。心を込めて、歌い、演奏します。どうぞご期待ください。
そして、何となんとソニーレコーズ時代から最新アルバム「漂流記」までのベストな楽曲を集めた2枚組のオールタイムベストアルバム「ALL TIME BEST SONGS ~蜃気楼~」をソニーミュージックのオンラインショップにあるオーダーメイドファクトリー(OMF)にて完全生産限定でリリース予定です。このシステムは、より多くの方々からオーダーを頂戴して、目標枚数に達した段階でリリースという流れになります。是非ともcanna初のベストアルバムリリースに向けてお力添えください。詳細は、以下をご覧ください。

canna ALL TIME BEST SONGS 〜蜃気楼〜

タイトル:ALL TIME BEST SONGS 〜蜃気楼〜
アーティスト:canna
品番:DQCL-671〜2
価格:4,000円(税込)
※高品質Blu-spec CD2

購入方法:
5月1日より、Sony Music Shopのオーダーメイドファクトリーにて予約受付開始。
www.sonymusicshop.jp/ordermf/

収録予定曲:
DISC-1
1,紙ひこうき  4:46 Major Debut SINGLE NTV系 マチャミの全部いただきぃ!エンディングテーマソング / 長崎和蘭陀年 テレビCMソング
2,春の風   5:08 1ST SINGLE C/W ベネッセコーポレーション 進研ゼミ中学講座 テレビCM ソング
3,約束の場所 4:54 2ND SINGLE TBS系 COUND DOWN TV オープニングソング
4,太陽へのぼる虹   3:43 2ND SINGLE TX系 たけしの誰でもピカソ エンディングソング
5,届け片想い  4:39 3RD SINGLE CANON EOS Kiss テレビCMソング
6,線香花火 4:03 3RD SINGLE C/Wソング
7,風の向くまま 4:45 4TH SINGLE フジテレビ系 テレビドラマ TEAM 主題歌
8,「じゃあね。」 4:13 1ST ALBUM 無人島 収録曲
9,青の時代 4:22 1ST ALBUM 無人島 収録曲 TBS系ドラマ 青の時代 主題歌 KinKi Kidsシングル セルフカバー
10,戦友 2:08 1ST ALBUM 無人島 収録曲
11,右手 4:57 5TH SINGLE 大塚ベバレジ ビタミンスーMATCH テレビCMソング
12,アイツ  5:09 5TH SINGLE C/W ソング
13,金魚すくい  4:16 5th SINGLE C/W ソング
14, 記憶の空へ-Single Version- 4:20 6TH SINGLE NHKドラマ 陰陽師 主題歌
Bonus Track
15,拝啓あなた様  2:58 TOWER RECORDS Bounce Records INDES SINGLE

DISC-2
1,一年草  4:33 MINI ALUBM 春色 収録曲
2,卒業  5:13  MINI ALUBM 春色 収録曲 JPHONE四国 テレビCMソング
3,カラフル人魚  4:50  MINI ALUBM 夏色 収録曲
4,甘い潮風 5:36  MINI ALUBM 夏色 収録曲 NTV系 THEワイド エンディングソング
5,Message 5:14 7TH SINGLE
6,あぜ道  3:37 8TH SINGLE NTV系ドラマ 続平成夫婦茶碗 テーマソング
7,耳をすませば 4:37 8TH SINGLE C/W STV 音の出る信号機チャリティーキャンペーンソング
8,もう君以外愛せない 4:39 2ND ALBUM 新世界 収録曲 NTV系 ドラマ 天使が消えた街 主題歌 KinKi Kids シングル セルフカバー
9,カンナの花 5:17 9th SINGLE
10,僕の上履き 4:57 3rd ALBUM 漂流記 収録曲
11,虹色のカーネーション Album Version 4:17 3rd ALBUM 漂流記 収録曲 母の日テーマソング
12,父の背中 Album Version 5:54 3rd ALBUM 漂流記 収録曲 父の日テーマソング
13,69億分の1 4:50 DIGITAL SINGLE
Bonus Track
14,あぜ道 RY Version 3:21 DIGITAL SINGLE 吉俣良 アレンジバージョン

この20年のcannaが歩んできた歴史と人生(みち)が全て詰まった初の2枚組ベストアルバムです。
是非とも皆さま、オーダーしてくださいませ。

昨年は、主に育音触れ合いライブ、今年は、cannaの活動と積極的に音楽活動を続けております。もちろんソングライターとしても大物から新人まで多数を手がけております。詳しくは、work pageをご覧ください。

そして、この4月から新たに東京音大の映画放送音楽学部のソングライティングコースの客員教授となりました。学生の皆さんとソングライティングを通じて、新たな出逢いと勉強の場を与えて
頂いたことに感謝しながら頑張って行きたいと思います。

東京音大 HP
http://tokyo-ondai-popular-music-composition.jp/c03_p01m.html



既にライフワークとなっている僕とシンガーソングライターの「曽根由希江」さんとの最高に楽しいラジオレギュラー番組bayfm78[あしたの音楽](毎週日曜日20時30分〜21時)のDJとしても爆走中です。あっ、爆笑中でした(爆笑)!!
番組では、曽根ちゃんと二人でキーボードを弾きながらオリジナルジングルを作ったり、普段は見せない楽曲制作の過程を見せながらオリジナル曲を作ったり、僕らに所縁のある多才なゲストの方々をお迎えして放送中です。
2015年のcannaの谷中たかしを皮切りに「修二と彰」の「山下智久」さん(山P)と一緒に番組内で初となる「青春アミーゴ」をデュエット&生演奏。2016年になるとNEWS/テゴマスの増田貴久さんとテゴマスのデビュー曲「ミソスープ」をデュエット&生演奏。デビューから20年間ご一緒しているKinKi Kidsの堂本剛さんとも共演。近藤真彦さん(マッチ)や滝沢秀明さん(タッキー)、若手では、ジャニーズWESTの中間淳太さん、中山優馬さん、など僕が楽曲提供しているアーティストの方々との夢の共演を果たしています。
育音活動で出逢った、和製スティービーワンダー「木下航志」さん、日本初の全盲フルート奏者の「綱川泰典」さん(番組オリジナル曲「僕らの花」にも素敵なフルートを録音して頂きました。)、全盲のロックバイオリニスト「増田太郎」さん(現在制作中の新曲にも参加予定です。)など、新たな広がりを見せています。
cannaのプロデューサーで大恩人、尊敬する作曲家の吉俣良さん(大河ドラマ篤姫、江など多数)や2000年の武道館/大阪城ホールでもご一緒しましたSING LIKE TALKINGの佐藤竹善さん、ママ友でデビュー25周年を迎えられた宇都美慶子さんや松本英子さん、パパ共で俳優の市村正親さん、中学生時代から憧れていた元ザ・ブルーハーツで現ザ・クロマニヨンズのギタリスト「真島昌利」さん(マーシー)、天才ジャズサックスプレーヤーでソロとしても活躍中で、山下達郎さんバンドの宮里陽太さん、そして、そして、何と本家本元の山下達郎さんともご一緒にあの名曲「クリスマス・イブ」を番組内で生演奏させていただきました!!
しかも僕は、学生時代に弾いていたベースで‥。興奮と緊張の一瞬でした。ベースと言えば、高校生時代からの親友で、ロックバンドのTRICERATOPSのボーカル/ギターの和田唱ちゃんとも共演しました。 数々のヒット曲を共作しているSWEDENやAMERICA、ENGLANDの優秀なソングライター/プロデューサーの友人たちやマドンナ、セリーヌディオン、リチャードマークス、シカゴのピーターセテラなどを手がけるギタリスト/プロデューサー、Guns N Rosesのスラッシュやスティーブンアドラーとも一緒にバンドを組むスーパーギタリストなどなど、国内外の友人たちにボランティアで参加してもらった番組オリジナル曲「LOVE OUR FUTURE!」も完成しました。もちろん大好きな我が家の娘たちと可愛いお友達たちも英語の素敵な朗読やコーラスで参加してくれています。



Shusui & 曽根由希江 with All our Friends and Families 「LOVE OUR FUTURE!」 Shusui Presents Christmas Concert 2016 LIVE



Shusui & 曽根由希江 「僕らの花」 Shusui Presents Christmas Concert 2016 LIVE

他にもご縁がありますMISIAさんからのコメントや幼少期から可愛がって頂いております竹内まりやさんからも温かいコメントを頂戴したり、こんな豪華で、自由なラジオ音楽番組は他にないと思います!
これからも毎週日曜日夜8時30分からbayfm78「あしたの音楽」を聴いてくださいね。
もちろん全国どこからでもradiko.jpのライブやタイムフリーサービスでもお聴き頂けます。詳細は、以下番組公式FacebookとTwitterをご覧ください。

あしたの音楽 Facebook
https://www.facebook.com/ashitanoongaku/?fref=ts

あしたの音楽 Twitter
https://twitter.com/ashitanoongaku
素晴らしいゲストさんとのお写真は、Gallery pageをご覧ください。

これからも大好きな音楽をたくさんの仲間と家族と共に続けて参ります。
定期的なブログの更新は、オフィシャルTwitterやFacebookなどでチェックしてくださいね。
これからも応援よろしくお願いします。

2017年5月1日
Best Wishes from Shusui “SHU”Kosugi