健康第一!

DECEMBER 03, 2019

皆さん、大変ご無沙汰しております。
あっという間に師走となり、2019年も終わってしまいますね。
ハクシー(ハスキー+セクシー)Shusuiです(笑)。
皆さんは、お元気ですか?
僕の2019年は、何かと健康面で色々と大変な1年でした。
1月30日に43歳の誕生日を迎えて、2月初旬にいきなり40度の高熱が出て救急病院に運ばれました。
季節柄インフルエンザの検査をしたところ結果は陰性で、そのまま血液検査やCT検査などの精密検査の結果、腎臓や肝臓、前立腺にひどい炎症が見つかり緊急入院…。
今年は、cannaのメジャーデビュー20周年記念のワンマンライブや竹内まりやさんのデビュー40周年メモリアルイヤーを飾るNHK特別番組「Music & Life」など、僕が体調を崩している暇もなかったのですが、今考えるとおそらくその時期は心身ともに限界を迎えていたような気がします。

緊急入院から1週間は抗生剤と点滴投薬‥。10日目頃からナースステーションに外出届けを出して、一日限定2~3時間の外出を取り付けて病院からスタジオや仕事場に通う日々‥。
入院から約2週間で退院となりましたが、そこで何と我が家のガールズが相次いでインフルエンザに!?
免疫力が落ちている僕は家にも帰れずに近くのホテル暮らしというなの隔離状態に‥。
そんな中、昨年末から続いていた喉と声の不調も悪化して、検査をした結果、声帯ポリープも見つかりさらに精神的なダメージを受けて落ち込んでいました。僕にとって歌えない…、メロディーがかけない‥、人としゃべれない…、どうやってコミニュケーションを取ったらいいのやら…!?

健康面に相当な不安を抱えながらも何とか、2月と4月に続き、12月1日にも谷ちゃんと一緒にcannaライブを行いました。
全国各地から本当に大勢のファンのみなさんが駆けつけてくださり、励ましのお言葉を下さり、心から感謝申し上げます。
「ありがとうございました!」
デビュー20周年を迎えて改めて、cannaとして2人で歌い、演奏しながら思いました。
「僕の音楽のホームグラウンドは、谷ちゃんと2人のcannaなんだ!」と。
そして、今もこうして2人仲良くcannaを続けていられることに幸せを感じました。
いつも支えてくれている相棒の谷ちゃんと全国のcannaファンの皆さんに心からの感謝です。



canna Official Facebook
https://www.facebook.com/canna210/

canna Official Twitter
https://twitter.com/canna19062751

まだ体調も完治していない中、3月初旬には、竹内まりやさんとNHKスタッフのみなさんとご一緒に僕の第二の母国スウェーデンのストックホルムに行きました。昨年から音楽制作とコーディネートでお世話になっていた憧れのディズニー映画「ダンボ」の「ベイビーマイン」のアレンジでも快くご協力してくれた長年の大親友で尊敬する音楽プロデューサー/ソングライターのAnders Dannvikさんのホームスタジオを尋ねたり、雪降るストックホルム市内をロケしたり、みんなでご飯を食べたり、大好きなスウェーデンの皆さんとまりやさんチームの皆さんに癒されて、僕の体調も回復に向かいました。
ストックホルムでのロケも無事に終了してそのまま僕はストックホルムにて久しぶりのコライト作業もできてソングライターとしても充電ができた、とても充実したスウェーデンでの日々でした。
竹内まりやさんのNHK特番もティムバートン監督で実写化されたディズニー映画「ダンボ」もおかげさまで、大好評でした!!
夏は少しだけ安静にするためにも家族との大切な時間を過ごし、夏の旅行にもいけて、心も体もリフレッシュできました。



2015年10月にスタートしたbayfm「あしたの音楽」も曽根ちゃんと皆さんのおかげで今年の10月から5年目のシーズンに突入しました!!!!!
そして、今年10月のbayfm開局30周年記念に合わせて、今までこの4年間の番組内で曽根ちゃんとあしたの音楽ファミリーの皆さんと作り上げてきたオリジナル楽曲たちを1枚のCDにするべく、夏頃から本格的にアルバム制作に入りました。
bayfmのステーションメッセージからインスパイアされて書いた「LOVE OUR BAY」と国内外のアーティストの皆さんにご参加頂いたチャリティーソング「LOVE OUR FUTURE」リスナーの皆さんにご参加いただいて完成した「CATCH THE DREAM」、ニューヨークの奥さんDJ GomiさんにRemixもお願いした「CATCH THE DREAM DJ Gomi Remix」、日本人初となる盲目フルート奏者の綱川泰典さんにご参加頂いた「僕らの花」、盲目バイオリニストで尊敬する増田太郎さんにご参加頂いた「薬指の約束」、山下達郎さんバンドでも活躍している天才サックスプレーヤーの宮里陽太さんにご参加頂いた「あしたも明後日も」、前向きな応援歌「Life is Beautiful」、僕の育音ボランティアふれあいライブで出会いオファーを頂戴して、曽根ちゃんにもご協力して頂いて完成出来たあけぼの学園さんの学園歌「あけぼの学園」、秋から度重なる大型台風と豪雨被害に合われた千葉県民とbayfmの皆さんに捧げるために書いて、雨宮麻美子さん率いる美女ストリングスカルテットの皆さんにご参加頂いた「DREAMS are FOREVER」、1曲1曲に曽根ちゃんと丁寧にセルフライナーノーツを書いて完成したアートワーク、全てに思い出と愛情がたくさん詰まった作品です。
このアルバムには、国内外の多彩なアーティストやミュージシャンの友人の方々、パパ友やママ友、娘たちのお友達、我が家のガールズにもご参加頂き、またご協力して頂き、最後のアルバムマスタリングは、ニューヨークの親戚でSUSHI KOSUGIさんにコーディネートして頂き、MISIAさんの楽曲などでもお世話になっているニューヨークのエンジニアDave Darlingtonさんにマスタリングをお願いして、とても完成度の高い極上のPOPアルバムに仕上がりました。
ささやかではありますが、この作品と音楽の力を通じて、少しでも被災されている千葉件民の皆様に勇気と希望の光をお届けできたらと願っております。
そして、bayfm開局30周年への感謝の気持ちを込めて作りました。
番組スタート時から変わらずいつも明るく優しい曽根由希江さん、曽根ちゃんとの相性の良さや音楽的センスの融合、番組の持つ力や奇跡的な出会い、僕らが目指す「チョー発信型の唯一無二な音楽番組」の方向性が明確になった全12曲入りの珠玉の1枚です!
毎週日曜日の20時30分からbayfm78で放送中の「あしたの音楽」と一緒にぜひこのアルバムも聴いて頂けますと幸いです!



Shusui & 曽根由希江 bayfm あしたの音楽 ~LOVE OUR BAY , LOVE OUR FUTURE~
CDの購入はこちらから↓
bayfm Shopping Island
http://shop-bayfm.jp/info.php?id=I0000545&type=item

あしたの音楽 Facebook
https://www.facebook.com/ashitanoongaku/

あしたの音楽 Twitter
https://twitter.com/ashitanoongaku

BAYFM78 11月号タイムテーブル



ぐるっと千葉



CDリリースに合わせて今年で2年連続となる浦安明海大学の「明快祭」で学生の皆さんとのコラボが実現したり、人生初のOne Dayをbayfmにて行ったり、ぐるっと千葉(雑誌)とBAYFM78タイムテーブルの取材を初めて曽根ちゃんと2人で受けたり、番組の「音の出る名詞」としてこのCDを今まで出演してくださったゲストの皆さんやスタッフさん、関係者の皆さんに感謝の気持ちを込めてお一人お一人にお渡しすることができて、本当に嬉しかったです!!
曽根ちゃんとの出会いを通じて、この「あしたの音楽」で出会い、再開し、音楽を通じて仲良くなれて、今では僕に取って掛け替えのないライフワークとなっています。
しかしながらそんな大好きなラジオ番組や取材、ミーティングなどでも必ず使っている「声」が既に声帯ポリープの再発により限界を向かえており、年明け早々に声帯ポリープの摘出手術に踏み切ることを決意しました。
「声」を取り戻すために最適な手段だと信じて、1日も早い完全復活を目指して頑張ります!

昨年から本格的にデビュー40周年を迎えられた竹内まりやさんのプロジェクトにスタッフの一員としてご一緒させて頂き、シアターライブ、ディズニー映画「ダンボ」公開、NHK特番「Muisc & Life」、3枚組アルバム「ターンテーブル」リリース、吉永小百合さんと天海祐希さん主演の映画「最高の人生の見つけ方」の制作委員会にも参加して主題歌「旅のつづき」(シングル)リリース、そして何と大晦日は僕も人生初となる経験、記念すべき「令和」初の「第70回NHK紅白歌合戦」に特別枠として「竹内まりやさん紅白初出場!」も決定して、本当に仕事的にはたくさん勉強して色々な経験と刺激を頂けた最高に充実した身のある1年となりました。

その反面、体調を崩し、仕事と健康のバランスの大切さを思い知らされた1年にもなりました。
病室のベッドの上で、人生についても悩み考える時間がありました。
家族のこと、音楽との向き合い方、アーティスト活動とスタッフワークのバランスの取り方、将来のこと、たくさん不安になりましたが、病気をきっかけに一度足を止めて、きちんと立ち止まり、今までの人生を振り返る良いきっかけとなって良かったとも思っています。
今までずっと「自分はまだ若いんだ!」と信じて前だけを見て、上だけを目指して走り続けてきた結果、今年になってから一気に体の不調が続き、皆さんに多大なるご心配とご迷惑をおかけしてしまったので、来年こそは「健康第一」で頑張ります!

体力強化で取り組んでいる週一のパーソナルトレーニング、三線レッスン、育音ボランティア活動、東京音大の客員教授、新人のプロデュース、作詞/作曲家としての活動 、cannaとしての作品作りやライブ活動、スタッフとしての勉強と経験、新作絵本CD[ちゅらうみのサンゴ]の制作、育児と家事のお手伝い、僕にはまだまだたくさんの「夢」があります。
その「夢」に向かって2020年も今まで以上に健康に気をつけながら一歩ずつ万進して参ります。
そして来年は、いよいよ東京オリンピック/パラリンピックがやってきますね。
皆さんにとっても素晴らしい一年になりますようにお祈りしております。

I wish a very Merry Christmas & A Happy New Year!!

2019年12月3日